BaaS@rakuza SDKをメジャーアップデートしました

BaaS@rakuza SDKをメジャーアップデートしました。

同時にJavaScript SDK・Flutter SDKを新規リリースしました。

また、アップデートに併せて、ドキュメントもリニューアルしています。
https://docs.raku-za.jp/

主なアップデート内容

ユーザー詳細管理機能

ユーザー詳細はユーザーごとにデータを保持する機能です。

これまで、ユーザーごとにデータを保持する場合はユーザー管理機能やコンタクト管理機能を使用する必要がありました。しかし、1件しかデータを保持できない、データの更新ができない、などの制限がありました。

ユーザー詳細はデータ管理機能と同様に、アプリケーションごとに独自のオブジェクトデータを作成することができます。また、ユーザーごとに複数のデータを保持したり、データの更新や削除を行うことができます。

詳細はドキュメントを参照してください。

お知らせがページングに対応

開始位置と取得件数を指定して、お知らせを検索できるようになりました。この機能を利用することで、お知らせのページングを実装することができます。

お知らせがお気に入り機能に対応

お知らせをお気に入り登録できるようになりました。

※ユーザー詳細もお気に入り機能に対応しています。

パッケージマネージャー

パッケージマネージャーから各SDK※をインストールできるようになりました。パッケージマネージャーを使用することで、簡単にSDKをインストールすることができます。

詳細は各SDKのクイックスタートを参照してください。

※Androidは手動でインストールする必要があります。

Swift向けの改善

以下の対応を行い、Swift向けに型安全性を強化しました。

  • ジェネリクスに対応しました。
  • オプショナル型に対応しました。

Swiftを利用する場合に、より安全・簡潔にiOSアプリの実装を行うことができるようになりました。

その他の改善

その他にも様々な改善を行なっています。

詳細はリリースノートを参照してください。

注意点

本バージョンには互換性のない変更が含まれています。アップデートを行う場合は、各SDKのリリースノートを確認してください。

また、本バージョンはbaas.raku-za.jp環境に対応しています。cloud.raku-za.jp環境をご利用の場合、以前のバージョンをご利用ください。

JavaScript SDKの新規リリース

JavaScript SDKはJavaScriptのネイティブ実装です。JavaScriptの動作する様々な環境で動作します。

対象の環境はWebブラウザ (Chrome、Safariなど)、WebView(iOS・Android)、Node.js、React Nativeです。

導入方法はクイックスタート(JavaScript)を参照してください。

Flutter SDKの新規リリース

Flutterを利用して開発したアプリで、BaaS@rakuzaをご利用いただける様になりました。

iOS SDK v3.0.0とAndroid SDK v3.0.0を内包しており、現時点ではiOSとAndoridに対応しています。

導入方法はクイックスタート(Flutter)を参照してください。

参考: BaaS@rakuzaのFlutter SDK開発中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。